初心者Webライターでも稼げる?収入目安や稼ぐコツを解説!

タイピングWork

初心者のWebライターは稼げるの?webライター初心者が稼ぐためにやるべきことは?

こんな疑問について解説します。

リモートワークが進む中、現在ライティングの仕事は増えています。そんな中「ライティング始めたいけどwebライターって収入はいくらなの?」と気になっている初心者ライターの方はたくさんいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、webライター初心者の収入目安や仕事の受注方法、稼ぐ方法について解説します。

スポンサーリンク

初心者Webライターの収入目安は働き方次第!

webライター
https://unsplash.com/photos/o032ZyI93GY

webライターの収入は働き方によって変わります。働き方は「雇用契約を結んで正社員や契約社員として収入を得る方法」と「雇用契約を結ばずフリーランスとして収入を得る方法」の大きく分けて2つに別れるでしょう。

正社員として雇用契約を結べば安定した収入が得られます。しかしその分、高いライティング技術が求められるので初心者の方にはおすすめできません。

一方、雇用を結ばすフリーランスとしてやっていくことで、自分のレベルに合ったの仕事が受けられるでしょう。今回はフリーランスとして働く、webライター初心者の収入について紹介します。

平均的な文字単価は1文字1円

webライターの多くは、クラウドソーシングにて仕事を受注します。収入については発注者が定めた文字単価によって決まることが多いでしょう。

初心者の平均的な文字単価は1文字1円程度となっています。文字単価が高くなれば、なるほど求められる技術も高くなるので、初心者のうちは文字単価が1円程度の案件を選ぶことをおすすめします。

初心者WEBライターが5万稼ぐのは難しい?

webライター
https://unsplash.com/photos/A9Msi-vUNKg

初心者webライターの方は、最初の目標として「月5万」と決めている方も多いのではないでしょうか。しかし実際は、初心者webライターが月5万円を稼ぐのは簡単ではありません。

ライティングを始めたばかりの方は、文字単価が平均もしくはそれ以下の場合がほとんどでしょう。またベテランのwebライターと比べ、1記事を書くのに多くの時間がかかり、なかなか効率も上がりません。

しかし、それは誰しも通る道であり、初心者のうちは仕方のないことです。とにかく書くことに慣れて、諦めずに努力するようにしましょう。

初心者webライターが仕事を受注する方法とは?

webライター
https://unsplash.com/photos/ZKBzlifgkgw

先ほどもお伝えした通り、webライターの多くはクラウドソーシングから仕事を受注する場合が多いでしょう。クラウドソーシングでは「仕事を発注するクライアント」と「仕事を受注するワーカー」に分かれ、発注者の依頼内容に沿って受注者が依頼を受け、記事を制作し、納品するという流れとなります。

よって、ライターは自身のライティング技術にあった仕事を選ぶことができるので、気軽にライティングの仕事が始められるでしょう。そこで初心者webライターが仕事を受注する方法について解説します。

一番効率よく受注できるクラウドソーシング

「クラウドソーシング」で検索してみると数多くのクラウドソーシングサイトがあることに気づくと思います。そのなかでもおすすめしたいのが下記の通りです。

  • Crowdworks
  • Lancers
  • Shufti
  • これらの3つのサイトに共有しているのが「利用者が多いこと」にあります。もちろん案件もたくさんあるので、自分にあった仕事を見つけやすいというメリットがあるでしょう。

    まずは案件数が多いこちらのサイトから初めてみてはいかがでしょうか?

    ライターを募集している求人へ申し込む

    ライターを募集している企業の求人へ申し込むのも一つの手だといえます。企業と契約を結ぶことで、文字単価や記事数ではなく、月額や時給で収入を得ることができるので安定した収入が得られることができるでしょう。

    求人サイトは「マイナビバイト」や「TOWNWORK」などがおすすめです。CMや広告もよく見かけるほど信頼性が高く、利用者が多いことからクラウドソーシング同様に自分あった求人が見つけめられるのではないでしょうか。

    しかしライターに求められる技術は年々高くなっているので、まずはwebライティングの基礎ができるまではクラウドソーシングから始めた方が効率的かもしれません。

    webライター初心者が稼ぐためにやるべきことは?

    webライター
    https://unsplash.com/photos/AmEeEB1g3XQ

    webライター初心者が稼ぐにはどうすれば良いのでしょうか。「webライターの仕事に興味はあるけど稼げない」と心配している方も、下記の4点を意識しながらライティングすることでで高収入を目指せるかもしれません。

    ぜびご参考ください。

    低単価案件を受注してライティングに慣れる

    まずは、クラウドソーシングで低単価案件を受注してライティングに慣れましょう。ライティング技術がないまま高単価案件を受注しても、技術不足で納品できないという事態にもなりかねません。

    最初は「稼ぐ」というより「学ぶ」ことに重点をおき、仕事を選ぶようにしましょう。低単価案件であれば、比較的に簡単なテーマが多く、余裕をもってライティングすることができます。

    また、低単価の案件を発注したクライアントは初心者用に発注していることが多く、仕事を依頼するだけでなく、基礎的なライティング技術につい教えてもらえる場合も。そういった案件に絞ることで効率的にライティングに慣れることができるかもしれません。

    SEOについて学び理解を深める

    SEOとは「Search Engine Optimization」の略で「検索エンジン最適化」という意味です。簡単に説明をすると、検索エンジン最適化とは、googleなどでキーワードを検索した際に自分のブログや記事サイトが上位に表示されやすくするための施策になります。

    「自分はクラウドソーシングで仕事受けるから関係ない」と思う方もいるかもしれません。しかし、SEOの知識があるのと無いのとでは成果に大きな差が生まれます。

    実はSEOについて理解していないライターが多く、SEO対策した記事が書けるのはクライアントにとっても大きな評価基準なのです。仕事を受けやすくなるのはもちろんのこと、文字単価が上がり、収入アップにも繋がるでしょう。

    しっかりとSEOライティングについて学び、SEO対策を意識した記事が書けるようになることをおすすめします。

    仕事を受注するクライアントを絞る

    仕事を受注するクライアントを絞ることで、将来的には収入の向上や質の良い仕事が受けらるようになるでしょう。クライアントとワーカーの間で大切なことは「信頼」です。

    長い間、一緒に仕事をすることで信頼が芽生え、仕事に対する相談がしやすくなり、質の向上にも繋がります。また、クライアントからみても重要な案件や規模の大きい案件は信頼ができるライターに依頼したいと思うのが一般です。

    よりやりがいのある仕事を発注してもらうためには、クライアントを絞るようにしましょう。

    確実に納期までに記事を仕上げる

    確実に納期まで記事を納品できるようにしましょう。これに関してはライティングに限らず、どの仕事おいても大切なことでしょう。

    クライアントとワーカーの信頼関係はとても大切です。納期を守れないのであれば、仕事の打ち切りにつながりなりかねないので、必ず納期通りに納品できる仕事だけを受注するようにしましょう。

    初心者の間はクライアントと相談して、余裕を持ってライティングできるようにスケジュールすることをおすすめします。

    webライターは初心者の方で稼げる!

    結論webライターは初心者でも十分稼ぐことができます。簡単でないのですが、数をこなすことで収入は多くなりますし、注意事項を意識してライティングをすることで、高単価の案件が受けられるようになるでしょう。

    最初は稼ぐことにとらわれず、ライティングスキルを磨き、読者に満足してもらえる記事を書くことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました