高校生

高校生必読!アルバイトよりもWebライターをおすすめする理由!

現在アルバイトを始めようとしている高校生の方には「Webライター」の仕事ををおすすめします。なぜなら、お金が稼げるのはもちろんのこと、ライティング技術は社会人になってからも役に立つスキルだからです。

そこで、当記事では高校生にWebライターの仕事をおすすめしたい理由やメリットなどについて解説します。

Webライターは高校生でも取り組める?

ライター
https://unsplash.com/photos/Hcfwew744z4

高校生でもWebライターとしてお仕事を受けることは可能です。ライティングという仕事はクラウドソーシングで仕事を受けている人が多いでしょう。

クラウドソーシングのサイトは年齢制限がないものが数多く存在しており、高校生でも簡単に登録、受注することができます。

高校生がWebライターをやる6つのメリット

高校生 Webライター メリット
https://unsplash.com/photos/XrSzacdYbtQ

高校生がWebライターとして働くメリットは多くあります。Webライターはやればやるほど収入が増えやすい仕組みになっています。

高校生からライティングの仕事を始めることで将来的にWebライターとしても生計を立てやすくなるでしょう。そこで、高校生がwebライターとして働く場合、どのようなメリットがあるのかを紹介しますね。

1.パソコンとネット環境さえあれば誰でもできる

1つ目のメリットとして、パソコンとネット環境さえあればすぐに仕事が始められることがあります。「何かを始めたいけど、なるべく初期費用は抑えたい」と悩んでいる高校生も多いでしょう。

現在では、ほとんどの家庭でネット環境が整っている場合が多いですし、パソコンもテキストを入力するだけなので、安価なパソコンで十分に対応できます。初期費用をかけずに、仕事は始めることができるからこそ、高校生にはwebライターをおすすめします。

2.努力が収入に反映しやすい

努力が収入に反映しやすいのもWebライターのメリットのひとつといえます。Webライターの収入はアルバイトとの違いは「報酬に限りがない」ことにあるでしょう。

アルバイトは時給で収入が決まりますが、webライターは「文字単価」によって収入は決まります。またこの「文字単価」もライティング技術が上がるにつれて、次第に高くなるでしょう。

また多くの記事を執筆すれば、次第に慣れて作業時間は短くなります。文字単価を上げて、早く執筆できるようになれば、より多くの記事が書けるようになり、高い収入を得ることも可能です。

3.ライティングやマーケティングスキルが身につく

Webライターとして仕事をすることで「ライティングスキル」や「マーケティングスキル」が身につきます。文章を書くことは簡単ではありません。

しかしWebライターとして仕事をすることで、ライティング技術は自然に向上します。また、マーケティングスキルも同時に習得可能です。

なぜなら、Webライティングではただ文章を書けば良いというわけではありません。いかに読者の検索意図を理解して書くかが大切です。

常に読者のことを意識しながらライティングを行うので、マーケティングに大切な「読者の求めているものを理解する力や伝える力」が養われるのでしょう。

このようにお金が稼げると同時に将来仕事の選択肢が増え、一石二鳥といえますね。

4.自分を管理する能力が身につく

Webライターは、自分で仕事を管理する必要があります。クライアントの希望に沿える記事を書くことや納期通りに納品することなど、自己管理能力が身につくこともWebライターのメリット。

分のペースで仕事ができる分、個人で仕事の量から作業時間の調整やスケジュールを高校生のときに身に付けれることは大きなメリットといえます。

5.ロジカルシンキングが身につく

Webライターは現代の企業でも大きく評価されるロジカルシンキングを身につけることができます。ロジカルシンキングとは、課題や問題に対して要素別に仕分けて、さまざまな視点から分析し、解決策や結論を導き出すことです。

ライティングでは「読者の求めている内容の分析と解決策の考察」「情報の伝え方」を意識しないといけません。そのため、企業に就職し、課題や問題が発生した場合にロジカルシンキングが非常に役に立つでしょう。

6.自分で稼ぐスキルが身につく

Webライターとして稼ぐためには、仕事を受注するために意識するべきことがあります。Webライターの仕事を通じて「稼ぐスキル」を学ぶことができますよ。

さまざまなスキルを身に付けていくことができるのがWebライターの仕事です。

高校生がWebライターをやる3つのデメリット

高校生 Webライター デメリット

高校生がWebライターをやるメリットは多くあるものの、デメリットがあるのも事実です。Webライターが気になっている方はぜひ確認してみてください。

1.勉強との両立が難しい

Webライターの仕事に慣れるまでは勉強との両立が難しいと感じるかもしれません。「もっと稼ぎたい!」と思うがあまりに、多くの仕事を受けてしまえば、勉強どころではない状況にもなりかねません。

ただし、2〜3ヶ月程度その状況を継続できれば、おのずと自分のキャパを把握できるようになり、勉強ともバランスを取れるようになるでしょう。最初からあまりにも仕事を詰め込めないよう、慎重にスケジュールを管理しましょう。

2.仕事の連絡に追われる

Webライターの仕事は、クライアントからの連絡に対して時間や曜日に関係なく対応する必要があります。必ずしもすぐに返信が必要とは限りませんが、レスの速さは信頼を得るためには欠かせない要素であるのは事実です。

仕事の連絡が気になり、勉強や部活に集中できなくなる可能性もあります。Webライターの仕事と学業や部活を両立させるためにも、時間の区切りを明確にしておく必要があるでしょう。

3.最初は収入にならないケースもありえる

高校生に限らず、Webライターという仕事自体が最初から収入を得られない可能性が高いです。理由としては「テストライティングに受かる必要がある」「ポートフォリオがないと新規の案件を獲得しにくい」といったことが挙げられます。

また、Webライターとして稼ぐにはある程度のSEOやライティングに関する知識を要します。なかなか収入につながらず、Webライターを挫折する方が多いのも事実です。

高校生がWebライターになる方法とは?

ライター
https://unsplash.com/photos/LF8gK8-HGSg

Webライターとして仕事を始める方法はいくつかあります。基本的にはクラウドソーシングで仕事を受ける方法と自分のブログで記事を執筆する方法の2つに分かれるでしょう。

それぞれについて説明をします。

クラウドソーシングで案件を受注してみる

1つ目の方法はクラウドソーシングで案件を受注することです。有名なクラウドソーシングサイトの一部が下記の通りです。

  • ココナラ
  • Shinobiライティング
  • クラウドワークス
  • ランサーズ

高校生の間は年齢制限のない「ココナラ」「Shinobiライティング」から始めることをおすすめします。経験を積み、ライティング技術が身についた段階でクラウドワークスやランサーズなどの年齢制限があるサイトにも挑戦してみるとよいでしょう。

クラウドワークスやランサーズは利用者が多いため、受注できる仕事の種類が多いです。長期的にライティングの仕事を受注するのであれば、これらのサイトを利用すると良いでしょう。

ブログを作って執筆依頼を受ける

ブログを始めて、ライティングをしてみるのも一つの方法です。ブログであれば自分の得意な分野にでライティングできるので、楽しみながら進めることができます。

またクライアントから仕事を受注しているわけではないので、自分のペースで執筆ができるのがメリットではないでしょうか。しかし、ブログは広告収入にて稼ぐことになるので、結果出るまでそれなりに時間がかかります。

定期的に新たな記事を掲載することも必要となりますし、読者に読んでいただけるような内容でなければならないことから、少しWebライター初心者には難しいかもしれません。

クラウドソーシングで仕事を受注し、ライティングに慣れてからブログを立ち上げることをおすすめします。

高校生のバイトにWebライターは最適解!

ライター
https://pixabay.com/photos/coding-web-programming-computer-3013602/#content

Webライターには経験が一番重要です。高校生でもすぐに作業が始められますし、ライティングの仕事を通して様々なスキルを身につけることもできます。

高校生にうちにWebライターを経験することで自身の成長にも繋がるでしょう。たとえ、すぐにお金は稼げなかったとしても、諦めず執筆を続けていれば、お金稼ぎと同時に将来に備えて自分自身のスキルを磨くことができますよ!

高校生
最新情報をチェックしよう!